任意売却や買い時の不動産について知っておきたいこと

今が買い時

不動産価格の決定的要因は鉄道駅の利便性です。なるべく都心に近く鉄道の便がよく土地価格の安いのは西武線沿線と東武線沿線です。 西武線、東武線は池袋を中心に埼玉と東京多摩地区の住民の足として永年利用されてきました。埼玉、都下の住民は新宿、渋谷、池袋を利用していますが街の人気として池袋は新宿、渋谷には及びません。 よって西武線沿線は比較的土地がやすいと見られていますし、実際安いです。一戸建て分譲住宅は比較的手頃な価格で手に入れる事が出来ます。 ただし、都市によって人気の度合いが大きく違い人気のない都市の一戸建て中古の売れ行きはかなり悪いです。大規模なショッピングセンターがないのも影響しています。 最近池袋人気が上昇気味ですのでお買い得物件がこれからも多く出るでしょう。

西武線沿線の多摩の東村山、清瀬、東久留米、西東京の多摩四都市の地価は隣接埼玉県としとそう変わりません。一戸建て価格差も東京と埼玉といわれるほど大きくはありません。 特に西武線の西武練馬が接続鉄道の便利な事で人気が上がっています。これからの不動産市況にいいニュースがありませんが西武線沿線には開発可能な土地が多く眠っています。 東京の人口増周辺地区の人口減が謙虚になっています。地方創生の手始めにそれら周辺地区の人口減を防ぐ手立てを周辺自治体が頭をひねって対策をしていますが思うような効果が出てないようです。 周辺自治体も余った土地の開発を積極的に活用し安価で良質な一戸建て住宅供給に努めて欲しいものです。 まだまだ周辺の緑も多く環境的には申し分ありません。移住を考えるなら西武線沿線です