任意売却や買い時の不動産について知っておきたいこと

違いがある

任意と強制の2つの言葉の違いは何でしょうか。イメージ的には任意のほうが柔らかいイメージがあります。逆に強制は意に反しているためあまり良いイメージがないのではないでしょうか。この任意と強制は不動産の売却の場面でも使われます。 例えば、ラーメン屋を営業する場合、2000万円のお金が必要になり借金をする場合、無担保で貸してくれることは普通はありません。不動産担保として自己所有の不動産に担保として抵当権を設定してお金を借りる場合が多いのです。 もし、期限までに完済することができれば問題ありませんが、ラーメン屋の客が入らずに赤字経営が続いている場合、借りたお金が返せないという事態が生じます。この場合、債権者にお金を返すために抵当権を実行して競売に出します。

競売をするのは、債権者が貸したお金を返してもらうために土地を強制的に売却して売れた価格を債権者に分配するという仕組みです。 ただし、このやり方は問題があり、普通に売却する場合よりも競売で売却をする場合のほうが安い価格でしか売れません。 2000万円で設定した抵当権も、売却時には1500万円でしか売れない場合があり、不足している500万円は債務者が債権者に別途支払う必要があります。この場合自己破産をしてしまうこともあるため、債権者としてはできるだけ競売にはかけたくないのが本音です。 そこで任意売却という方法が流行り出しました。任意売却とは、債権者と債務者、その仲介業者の三者間で話し合いを行い、競売をされる前に売却を決めることです。競売よりは任意売却のほうが高値で売れるため、任意売却を選ぶケースが多いのです。