任意売却や買い時の不動産について知っておきたいこと

万が一に備える

住宅ローンの返済ができなくなってしまった、そんな時にお勧めされるのが任意売却です。 任意売却とは住宅オーナーが任意で自宅を売却し、その売却金額を住宅ローンの返済に充てるという方法です。残債務と売却額によっては任意売却でローンが完済できますし、仮にローンが完済しきれなくても残債務を大幅に減らすことができるので後の返済が楽になります。 任意売却は市場相場に沿った価格で自宅を売却でき、また、売る相手と交渉次第で家賃を支払いながらそのまま住み続けることも可能です。 似たような手段に競売がありますが債務者にとってメリットが多いのは競売よりも任意売却ですので、今後も任意売却の利用者がいなくなることはないでしょう。

もし、債務が大きすぎるので全てチャラにしたいのなら自己破産をしますが、自己破産をする時でも事前に任意売却をした方がいいとされています。 自己破産には同時廃止と管財事件という2つのタイプがあります。破産者に資産がない場合は同時廃止扱いになり手続き費用は約3万円程度で済みますが、住宅などの不動産を持っている場合は管財事件扱いになり20〜50万円程の予納金を納めなくてはなりません。つまり、費用削減のためには同時廃止手続きで自己破産をしたいので、それを適えるには事前に任意売却にて自宅を手放しておくことがお勧めされているのです。 少々手間ではありますが、自己破産手続きを安くするために任意売却はしておいた方がいいでしょう。